feel
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のお昼ごはん、「大戸屋」って言う定食屋さんで食べた。

女性一人でも入りやすいお店で、
今日は家族と一緒だったけど、ごくたまに一人でも入る。

前から思っていたんだけど、ここ、ご飯が終わる頃になると、
お茶を持ってきてくれる。あっつい番茶。
最初席に着いたときはお水。

それで、ふと思った。。。
どこだっけ?こういう風に終わる頃、さりげなくお茶くれるところ。。。

・・・あ・・・おすし屋さんで飲んでるときだ。
回転寿司とか、チェーン店とかじゃなくて、
近所のおすし屋さん。

飲んでいて、注文もしなくなって、お酒も終わり頃になると、
さりげなくお茶を持ってきてくれる。
そして、あっついお茶を置きながら、ごゆっくりどうぞって
声をかけてくれる。

日本人のおもてなしで石田光成の頃から、お客様へのお茶、
到着時にはぬる目のお茶。
2杯目は熱いお茶という。

お茶に込めた日本人の心なんだろうな。

この、お茶に込めているおもてなしの心、
どういうことかわかります?

日本人の女性は、決して7頭身じゃなかったし、
足が太いとか、短いとか言われていたのに、
いまや、外人さんとも違わないスタイルのいい女性も多い。
でも、昔は、できるだけきれいに見せるために、
足を揃えていすに座ったり、歩き方に注意したり、
不恰好ながら、きれいに見せる努力を、
顔とかスタイルだけじゃなくて、気を配っていたような気がする。

時々、がに股でドシドシ歩いたり、
電車のいすに座っていても股を広げて座っている様をみると、
顔がきれいにお化粧してあっても、
スタイル良く着こなしていても、
なんだかなぁ・・・って。。。

そんな気配りや心を、このお店は大事にしてるのかな?
って、お昼ご飯食べながら思った。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fuuka1218.blog17.fc2.com/tb.php/346-0aa9b686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。