feel
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの仕事ところの男の子が、3万円の指輪を買ったらしい。

「ええ!3万円?だれの?」
一斉に向けられるびっくりした顔・・・・・・・・・ちなみに彼には彼女はおりません。24年間のうち、2ヶ月だけネットで知り合った子とお付き合いしたことがあるだけだそうです。

「自分のですよ、かっこいいのがあったので」
「・・・・・・・・・」
「なんですか?おかしいですか?自分のですよ」

「私、だんなにも良くて1万円かもしれない、買ってもらったの」←私(ちなみに金属アレルギーなのでアクセサリーはしないのですが」
「それって、銀でしょ、銀、だんなに買ってもらったのって」
「そう!なんでわかるの?」
「おれも、銀買ってあげますよ、嫁さんに。プラチナって言われる前に、安いから、銀2個買ってあげたほうがいっぱいになってうれしいかって思って。2個買ってもプラチナより安いですし」
「うーん、俺も3万とかって嫁さんにも買ってあげない、高いよ」
で、しばし、身上持ちは悲しいな・・・と、会話が。

「ところで、それして、どこに行くの?何着て歩くの?」
再び、彼のことに話題がもどる
「出かけるときですよ、皮のジャンバーとか、スタッズのうってある上着とか着て、腰ではくGぱんとかね、着て行きますよ」
「ふ~~~~ん」←一斉

私には、想像ができませんでしたが。
だって、彼、私と身長があまり変わらない、160センチもないくらいで小さいし、とても、ハードな服が似合うようなガッチリしたタイプではなく(運動らしい運動はしたことがないというし)、どちらかというと、トレーナーによれよれチノパンみたいな感じなので。

で、たぶん、他皆、同じように想像ができなかったらしく、いかに結婚前と後では好きなものが買えなくなったかの論争と、彼に対して、変な宗教にだまされてないか(高価な指輪や印鑑など売られて)の話題に終始していました。

家庭を持つと、共稼ぎで収入2倍になっても財布の中はさびしくなるのはなぜなのか?と、皆、疑問を抱えたまま、終業時間となったのでした
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fuuka1218.blog17.fc2.com/tb.php/307-47ddf948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。