feel
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達

仙台は、子供たちが生まれてまもなくから青森に転勤するまで
ほとんど毎日一緒にすごした保育園友達がいるんだけど、
3組ほど、今でも交流があります(一組は今東京だけど)
子供たちは今16歳。

青森行ってからは、たまに連絡を取り合うけど会うことはできなくて
仙台に戻ってきてからもバタバタしていて、なかなか会いにもいけず。。。

そのこたちが年末あたりから、また連絡を取り合って遊びにいくようになった。
この前、親も集まったとき、一人のお母さんが言った
「うちの子さ~、遊びから帰ってきてから、昔からの友達っていいなって
記憶の最初から一緒にいたやつらって、何にも考えなくていいのがいい
そう言ってたんだよ」

そういう友達と出会うことができたこの子たちっていいなぁ。

本当の友達って、じゃあね~って手を振って別れても、
いろいろな時に、思いの片隅にいる人のこと
そう書いてある本を読んだことがあるな。
次の約束を必ず取り付けないと不安になるのは、
本当の友達でも恋人でもないって。

何年のブランクがあっても、すーっと以前のままに戻れる
いつかずっと前一緒にいたときと同じようにそこにいる、
それが本当に絆を築けたということなんだって。

そんな息子の友達に、自分の友達に聞くかのように聞いちゃった☆
「ねぇ、何で彼女と別れたの?」
「えーうーんとね、好きな人が別にできたから別れてって言われちゃったんだよ。
年上のいいやつがいるんだって。
おれさ、誕生日に彼女が好きなアーティストのアルバム買ってあげたんだ。
2000円くらいだったけど、初回限定版探してさ、あげたんだ。
ほかのやつらはさ、1万円とかのあげてるけど、俺にはこれが精一杯だったんだ。
ケチったわけじゃないんだけどさ、それが原因かな?」

スラスラ答えてくれた。だから、
「いいんじゃない?好きな人のCDを一生懸命探してくれたって
そういう気持ちとかがうれしいって思える女がきっといるよ。
金額とかじゃなくて、どんなに贈り物に思いがこもってるか
それがうれしいって思う女がいるからさ、大丈夫だよ」
なんて、普通に話してた。
「そうだね、バンドとか(この子もバンドを始めたのだ~)
いろいろやることあるし、ボチボチやるよ」

こいつも、一緒に話ができる年になったんだなぁなんて、
息子の友達とはいえ、自分の息子か甥っ子のようにして
ずっとやってきた子供たちの成長が、うれしかったなぁ

なんだか、自分の友達が増えたみたいな気分だ(^^)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fuuka1218.blog17.fc2.com/tb.php/281-f1618994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。