feel
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかさあ、大変だなあって言うことが最近いっぱい☆


まず、青森の雪ね
東奥日報のWAB版見るたびに思います。
ホント、青森にいたら毎日、あと一時間は早く起きなきゃいけなかったな
だから楽チンして肥えてきたわけね


次、この間の事故。
ウチは車修理してもらって、示談で終了。

でも、バイクの人の怪我は思いのほかひどく、両腕骨折で
車の運転してた人は、業務上過失障害となり、
罰金が 最低でも200,000だそうで…
安全運転はしないと大変だね


あとは、仕事仕事ってせめたてられ、会議と研修の繰り返し。

なんだかなあ、早く引退してノンビリしたいなあ
あー睡魔に襲われてきたわ

また会議まであって今週長いので、休みたいなあ~
スポンサーサイト
先日のブログのみどりんにいただいたコメントへの返信にも書いたんだけど、
中尊寺では、坂でマジしんどくて
「ああぁぁぁ、なんて体がなまってしまったんだろう(TT) こんなに足が上がらなくなるなんて」
と、まるで、マラソンをしたときの最後のグランド1周のような足取りの重さに、
筋肉痛・・・という文字が浮かんだんですが、
翌日、痛くない。
またその翌日。歳だから遅く来る?でも、痛くない。
結局、筋肉痛にならず、単純に重いだけだった

で、青森のヨーカドー付近の賑わいを見て周り、なぜかなつかしのガーラタウンのマエダに行き、
八方汁と上北農産のスタミナ源のたれを買って、八戸へ。

翌日は仕事なので、早めに帰宅しようと八戸では息子を寮においたら、そのまま仙台へ。

仙台の泉インターを降りたのが19時前。
高速で虫やら塩やらで汚い車を洗車しにスタンドへ。

45号線にある大きなスタンドで、洗車の前にブラシで汚れが落とせるようになっているのと、
ガソリンが安いので結構お気に入りだったんだけど・・・
右折で入るので、ゼブラゾーンで2台目で右折の順番待ち。

前方の信号が変わったので、車の列が切れて、1代目がゆっくりスタンドに入って行き、
さて、うち・・・と思ったとたん、車の下でガリガリガリ!!!と音が

え??? なに?何の音?

右手のほうに目が行くと、ヘルメットかぶった男の人が歩道近くで倒れていて立とうとしている

「事故?うち?ぶつかった?」
運転は旦那がしていたので
「わかんないけど、うちの車は人とはぶつかってないはず」
「勝手に転んだの?びっくりして転んだの?」
旦那が人のところに行き、私が、スタンドに車を入れることにする。

・・・と、前方から人が転んでいる人に走り寄っていく
「すみません、すみません」と叫んでいる。
あの人・・・1台目の車の人だ。。。

だんなと、スタンドの人と、前の車の人とがバイクの人と話している。
その間に、110番に電話をかけるけど、何回鳴らしても出ない。
出ないなら、119番が先だ!と思って119番にかけると、すぐ出た。

第1報は1分前くらいに入っていたけど、状況説明が無いままに電話が切れたので、
出動を検討していたとの事(そういうガセが多すぎるくらい多いのだそうだ)
場所の説明はあまりできなくて(方向音痴だし地理音痴なもんで)
でも、けが人の状況は最近、医龍見たし、救急24時も見直したし、ナースあおいも見直してたので
結構冷静に、その人の様子を伝えることができた。
まぁ、ひとはたぶん、右大腿骨か股関節あたりを骨折してるかもしれないけど、
見える部分での出血がなかったので、見ていることができたんだと思う。
でも、大腿骨骨折や骨盤骨折も、ショックを起こしやすいらしいので、要注意らしいですが。

救急車はすぐ来ました、なぜか消防車と一緒に。

まもなく、お巡りさんも来ました。
お巡りさんと、救急隊員と消防隊員にバイクのお兄さんをお任せして、
その間に、1台目の車のどこにぶつかったのか、ちょこっと見に行ってみました。
車の衝撃具合から言って、うちの車はやっぱり、人とはぶつかっていないと思ったし、
バイクや散乱した部品を見ると、たぶん、バイクがぶつかったのかな?って思ったので。

当事者たちはみんなパニック状態だったし、バイクのお兄さんが、
ふざけんじゃねー!とかおぼえてろ!とか叫んでいたし、
物見高い給油の車や近所の人も集まってきていたし、バイクのお兄さんの周りは大変。

1台目の車の傷は、左後方フェンダーの左角ちかく。
こすったようなバイクの色がついた擦り傷があり、ぶつかってへこんだ状態じゃない。

信号の位置と、信号が変わった時差から考えても、
30キロ以下で走っていたなら、車はゆっくりスタンドに滑り込む形だったし、
右折しているのが見えていたら、止まれたと思う。

わたしも、1台目が右折に入った時、前方の信号から通過してきた最後の車が通り過ぎて、
一呼吸おいて右折したという記憶がある。
前方の信号は、時差式で、こちらから見て対向車側が先に赤になる。

傷を見ながら、すごいスピードできたのかな?バイクって思っていたら、
うちの車の事情聴取が始まった。

そうそう、うちの車ってどこぶつかったんだ???

バンパー右下にちょっとへこみ傷と擦り傷。
お巡りさん、おもむろに被害者調書を取り出して
「バイクもぶつかったのかなぁ・・・大きな部品がぶつかったのかなぁ。もらい事故ね」って。

うちのはその程度で、1台目の車の様子や、バイクのことを聞かれた。
1台目の車の人は、礼儀正しいきちっとした感じの30代の男性。
ただ、気が弱めなのか、パニック状態で涙を流していて、申し訳ないと思うけど、
バイクは右折を始めた段階では、近くにいなかったし、見える位置にいなかったと思うと
何回も繰り返していた。

だから、うちも、そのあたりを聞かれたが、だんなもほとんど見た記憶が無いが、
位置的に見えなかったのか、物体が見えなかったのか記憶が無いらしい。
私の位置からは、車が信号で止まったのを見た後、バイクがその停止した車のまえに、
信号を通過した記憶がやっぱり無い。
車が止まったのは見たし、そこを最後に通過してきた車が通り過ぎて一呼吸おいたくらいで
ゆっくり1台目がスタンドに入っていったという記憶しかない。
見えてなかったのか、車のヘッドライトに吸い込まれて確認できなかったのか、よくわからない。
そのまま、警察には伝えた。

すべて終わって、保険屋さんにお任せしましょうと、1台目の車の人とはお話をして、
警察に、うちはバイクとの事に関しては、一切かかわらず、もらい事故で対処する様にいわれた。

さあ、帰ろうか・・・とおもったら、1台目の人が、たたずんだまま動かない。。。
あらら・・・旦那に、あのままじゃ危ないから、知り合いに来てもらいなさいって言ってくる、
と、言って、その人のところへ。

「大丈夫ですか?しっかりしてください」
って言ったら、
「たくさんの人に迷惑をかけた。まして人を傷つけた。でも、信じてください、決して無理に横断したり、無謀運転したりしていないです」
って、涙を流している。。。
「わかっています。お巡りさんも、鑑識の目を侮っちゃいけない、どっちが悪いか、ちゃんと判断してくるからって言ってたんです。無灯火だったり、信号無視だったり、スピードも全部現場の状況と、聴取でわかるからって。気をしっかり持ってください」
彼はうつむいていたんですが、はっと上を向いて
「そうだ、お見舞いに行かなくちゃ行けないんです。しっかりしなくちゃ」
そういっていますが、なんだか頼りなげです。
「職場も自宅も近くのようなので、お知り合いか、上司の方にお願いして一緒に行ってもらうなどしたほうがいいですよ。この状況で、自分で運転していくのも不安で怖いでしょうし、相手の方は、救急車に乗り込んでもずっと、怒鳴り散らしてましたから、一人で行かれないほうがいいです。保険の人に任せる前は、必ず誰かしっかり状況判断できる人と一緒がいいですよ」
と話して、
「車は、ここに少しの間置いてもらって、一緒に行ってくれる方の車やタクシーで移動されたほうが良いんではないですか?」
と聞くと、ほっとしたように、そうですねそうですねと繰り返し、上司の方に電話をしてきてもらうことにしました。

では・・・と言って帰ろうと思ったのですが、また、一人でスタンドの車の往来のするところにたたずんだまま、下を向いているし・・・

しょーがないなぁ~

旦那「今度は何すんの?」
「スタンドの人にお願いしてくる、あの人の車を少し置かせてもらうことと、あの人保護して人が来るまで事務所で休ませてあげてって」
「あそこに立ってたんじゃ、あぶねーもんな、早く言って来い」

で、スタンドの人に頼んで、事務所に行ったのを見届けて帰宅。
19時には仙台に着いたのに、自宅に着いたのは22時。
腹減ったけど食べる元気なし。インスタントラーメン作って食べました。

で、その後、事故の責任割合はどうなったのかわかりませんが、
うちの車は、保険やさんから連絡が来て、全面的に車とバイクの保険で直すとの事で、
ディーラーに出してくれればディーラーと後はやり取りしますっていうので、
早速、ディーラーへ。

傷はやっぱりそんなにひどくないけど、ちょっと修理では直らないから、
バンパー交換。
今日、コーティングまで終了して出来上がってきました。

仙台は、原ちゃりが多いです。
原チャリのくせに、規定の場所でも2段階右折はもちろんしないし、
3車線4車線でも平気で、真ん中よりの車線をぬって走る。

警察は何を取り締まってるんだろうと思うくらい、勝手気ままに原チャリが走ってるから、
これは、運転には気をつけなさいね、という戒めだと思うことにしました。

中尊寺に行ったのに・・・っていう考えも歩けど、
中尊寺に行ったから、2台目にいて難を逃れたのかも。

いぞれにしろ、今週末、車のお払いと、人間のお払いをしてこようと思ってます。。。
ついでに、また、「今年はやせますように」って、もう一度お願いしてこよう♪


今日、上の息子が寮に帰るので、例のごとく布団やら身の回り品やら一式を
また運んでいかねばならないので、休暇を申請。

雪道だし、今回は家族全員お休み中という状態だったので、
前日の日曜日に出発して、なつかしの青森にちょっと行きたい!という要望に応えて、
急遽、青森のホテルに家族で1泊することに決定。

今回は急に決めたのと、家族全員で短時間滞在だし、
たぶん、みなさんも、翌日はお仕事のはずなので、あえてお友達には連絡しませんでした。

さてさて、日曜日のこと、家をのんびり出発して、
途中、中尊寺で初参りをすることに。。。(初詣に子供たちは行ってなかったので)

何年ぶりかな?結構歩くんだったよね・・・といいながら、歩き出して

数十メートル

はぁはぁはぁはあああぁぁぁぁ!!! 息が上がってきました。

「あれれ?あれ?足腰が・・・前に出て行きたくないって言ってる」←私
「ケツが重くなったんだろ」←旦那
「だから太ったって言ったじゃん」←息子二人

うーん(__; 鏡に映った自分をみて、たしかに太ったと思った。
息子たちが、ポケモンのポッチャマみたいだって言うのも、
DAKARAのコマーシャルのブタさんに似てるって言われても
言い返せない域かもって思ってた。

確かに、思ってた。

でもね、そんなに切実に思ってなかったのよ、アタシ
そういう年齢なんだしぃーとか、実生活に支障ないしぃー(服がきついけど)って思ってた

平面をテクテク歩いてても感じなかった 「自分の重さ」

なさけなーい!! しかし、おもーい!!

よくきく、体が重くなったのよ~ってこういうことなのね
と、ブツブツ言いながらも、とりあえず、本堂、金色堂、覆い堂をめぐってお参りしました。

おみくじは「吉」 素直な心でまっすぐに見つめなさいって書いてあった。

まっすぐみつめて、やせる努力を怠らないようにしようかな。。。
昨年中はたくさんの方々にお世話になりました。
この場をお借りしまして、お礼申し上げます
ありがとうございました。

今年は、昨年、おごり高ぶった無意識の中の意識を改め、
感謝の気持ちを忘れずに前向きにいきたいと思っています。

どうか、今年もご指導くださいますようお願いいたします。



ところで、今年はネズミ年。
マウスっす。

だから何やらマウスコンピューターが頑張っているらしい。
初売りに見てまわろうかな?


初詣、竹駒神社に行ってきました。
昔、一度行った事があるのですが、
あの頃より人が少ないかも…

熊手を買い、おみくじを買い…大吉でした。
だけど、穏やかに謙虚に過ごさないと
運が逃げるらしいです。
穏やかを心がけて頑張ろうo(^o^)o
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。